侮れない歯周病の怖さ

###Site Name###

歯周病は虫歯とならび、歯科の二大疾患の一つです。
恐ろしいことに成人のほとんどの人が歯周病にかかっているといわれています。

歯周病というと歯槽膿漏だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ごく軽いものは歯肉炎で、それが進むと歯周炎、さらに進むと歯槽膿漏という形になります。

なんか歯茎がはれているとか、歯茎の色が赤い気がするという程度でも病気のサインなのです。

もちろん、自覚のない場合もあります。
近年の研究で歯周病が全身疾患と深い関係にあるということが証明されました。口の中が不衛生だと食物を通じて、体内へと病原菌が入る可能性があることや糖尿病の合併症でもあるといわれています。

表参道の歯周病のホームページをチェックしましょう。

骨粗鬆症との関連や心臓疾患との関連も指摘されています。

NAVERまとめ情報サイトを活用しましょう。

もともと歯周病は歯を支える組織、骨を溶かしてしまう病気なので、その関連も想像がつくことでしょう。


歯を失うことによるリスクも侮れません。

自分自身の歯で咀嚼を行っている人は認知症になりにくいという統計があります。
脳を刺激しているのです。
味もわかり、食の楽しみを奪われることがありません。

健康寿命でご長寿の多くは、自分自身の歯が多いのです。



歯医者の場合、最初から症状のでる全身疾患と異なり、死ぬ病気ではないから、もうちょっとあとでという気分で、診療を怠ってしまうケースが多いです。

だからこそ、怖いのです。
定期的に歯科医院に通い、チェックをしてもらうことと正しいはみがきをすることで、このリスクは免れます。


これくらいととらえず、進研に向き合いましょう。